【土地あり】駐車場経営にかかる費用は?初期の元手どれくらい必要?

投稿日:

駐車場経営は土地の購入費用以外にかかる費用が少ないために、地主にとっては非常に手軽な運用法であり、土地を空き地にしておくくらいならば取りあえず駐車場にしようなどとよく言われます。

もちろん駐車場と一口に言っても様々ですが、一般的な駐車場は土地さえ持っていればかなり低コストで始めることができます。

小規模なら50万から可能

小規模な土地からできる平屋のコインパーキングの場合、1台分の設備を購入し設置工事するまでにかかる全費用はおよそ50万円からとなっています。

もちろん台数分の費用がかかるのですが、台数が増えれば増えるほど1台あたりの費用は安くなり、5台ですと200~300万、10台で400万を切ることも可能なようです。

もちろんこれはもっとも安価で舗装も何もせず最小限の構成における費用ですから、1台のみのコインパーキングならともかく、ある程度の広さがある場合はもう少し見栄えのする駐車場にしたいでしょうから、実際にはもう少しかかります。

自営じゃない場合は管理会社に払う費用を頭に

また、自分で経営する場合に考えなければならないのはトラブルなどへの対応です。駐車場はロックシステムがないと成り立ちませんが、このロックが正常に動作せず車が動かせないなどのトラブルは駐車場経営においてよくあるトラブルです。

そんな時に常に駆けつけて対応できるようにしているならばいいですが、それではおちおち旅行などに行くこともできません。そのようなトラブル対応のために人を雇ったり管理会社と契約したりすれば、そのために費用がかかることもあらかじめ把握しておかなければなりません。

土地を貸すのもアリ

なお、土地を持っている場合は駐車場経営サービスを行う企業に貸してしまう手もあります。

この場合、企業が自分で設備の設置から管理運営まで全て行うため、オーナーは一切の費用負担がありません。その代わりその駐車場でいくら利益が上がっても、数万円程度の固定の賃料となります。

元手がなく手間もかけたくないという人は、このような企業に土地を貸してしまうのがもっとも手軽で確実に利益が上がる方法であることは間違いありません。

まとめ

このように、土地がある場合の駐車場経営は他の運用法と比べてかなり低コストで始められることは確かですが、自分で経営する場合はある程度の元手が必要となりますし、管理にもお金がかかります。

余裕を持って始めることをおすすめします。もし元手があまりなければ、駐車場を経営する企業に貸してしまうのがもっとも確実です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駐車場経営のいろは , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.