土地なしが始める駐車場経営の土地購入はどれくらいの広さが最低必要?

更新日:

土地所有の方が駐車場を経営する場合、初期投資費用はある程度かかるものの経費はかなり安く上がるため、広くても狭くても取りあえず駐車場として運営しておけば多かれ少なかれ利益が上がるのだから遊ばせておくよりはマシだと言われます。

しかしながら土地を購入ないし借りるとなれば話は別で、収益化が見込める土地を選ばなければ赤字になってしまうことは十分にあり得ます。

初期費用を抑えるにはあまり広い土地には手を出せませんが、一方で狭い土地では収益化が難しいという板挟みに悩まされている人も多いでしょう。

では、土地なしが駐車場経営で収益を出すためには、どれくらいの広さの土地が最低限必要なのでしょうか。

参考
リビンマッチ 駐車場経営の口コミ・評判は?1分一括資料請求!

リビンマッチは、マンション投資や駐車場経営のプランニングからサポートまでを一括して行う企業を集めた比較サイトです。 資料請求をこのサイトからまとめてできるので、今後駐車場経営をやってみたいと考えるオー ...

続きを見る

3台分程のスペースは欲しい

一般的に土地を購入して収益を上げるには、最低で車3台分のスペースが必要と言われます。

車3台分というとおよそ12坪で、比較的初期投資のかかるコインパーキングでも立地によっては3台分から収益化が可能であり、成功している例も少なくありません。

1台ないし2台では、繁華街近くの一等地ならばともかく、土地代はおろか設備代をペイするのも難しい場合が多いようです。

ただし3台クラスのスペースでは、そもそも運営できる駐車場のタイプが限られ、設置できる機材もまた制限されますので、近くに他の駐車場があったり後からできたりして競争にさらされると不利になる可能性は否定できません。

5~10台分の広さならまとまった収益が期待可

個人運営の駐車場のボリュームゾーンは車5~10台分程度であり、この程度の大きさで立地も悪くない土地が確保できれば、もちろん土地代によりますが3台程度の大きさより収益化はぐっと楽になります。

この程度の大きさはコインパーキングにも月極駐車場にも向き、立地によって柔軟な戦略を行える点もポイントです。

土地購入費が高くなるリスクが

ただし、駅前などコインパーキングの高い稼働率が見込める立地で車10台分の広さというと、かなり土地代が高くなってしまうであろうことに留意してください。

ある程度以上の価値の土地を購入する場合は、駐車場のインカムゲインだけでなくキャピタルゲインを見込めることも確かであることを確認しなければなりません。

まとめ

なお、駐車場経営サービスに土地を貸すことを前提として土地を購入する場合、ある程度の広さと立地の良さが必要です。

駐車場用の土地を貸すのは面倒なく固定収入が得られることがメリットであり、積極的に儲けるための手段としては適しません。

\初期費用0可!プラン無料請求/
参考
リビンマッチ 駐車場経営の口コミ・評判は?1分一括資料請求!

リビンマッチは、マンション投資や駐車場経営のプランニングからサポートまでを一括して行う企業を集めた比較サイトです。 資料請求をこのサイトからまとめてできるので、今後駐車場経営をやってみたいと考えるオー ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駐車場経営のいろは , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.