駐車場経営の際に加入すべき保険はあるの?

更新日:

駐車場経営に際しては、車の運転における自賠責保険のような加入しなければならない必須の保険というものはありません。

実際に全く保険に加入せずに駐車場経営をしている人もいるでしょう。

しかしながらそれではトラブルが起きたときに面倒なことになる可能性もなきにしもあらずですから、駐車場の形態によっては保険に入ることを考えてみるのもいいでしょう。

基本的に、有事の際に大きな金銭的損害が起こりやすい駐車場の形態では、保険に入った方が安全ではあります。

参考
リビンマッチ 駐車場経営の口コミ・評判は?1分一括資料請求!

リビンマッチは、マンション投資や駐車場経営のプランニングからサポートまでを一括して行う企業を集めた比較サイトです。 資料請求をこのサイトからまとめてできるので、今後駐車場経営をやってみたいと考えるオー ...

続きを見る

設備・機材の損害時の保険

コインパーキングではパーキング用の機材などを購入あるいはリースすることになりますが、これはかなり高額ですので壊してしまうと大変です。

例えば駐車場の利用者や通行車などが機材に当て逃げし、犯人が捕まらなかった場合、リースならば借りている経営者がお金を払わなければならなくなることが多いと思いますし、購入した機材であれば誰にも損害を補填してもらうことはできません。

そんな時、保険に加入していると高額な機材の損害を補填してもらうことができるため、そのようなトラブルがあっても駐車場経営を続けることができます。

盗難・車の損害の保険

また、いくら駐車場の契約時に駐車場内でのトラブルに対する責任を負わないと明記していても、どうしても車の損傷や盗難については経営者が責任の矢面に立たされることになります。

そのようなときに賠償保険に入っておくと、契約者に対する賠償金を肩代わりしてくれるために有事の際には安心です。

賠償保険には、管理者に直接の責任がない車への損害を補償する保険と、駐車場の設備などが車に損害を与えてしまったなどの管理者に責任がある事故に対応する保険とで異なりますので、保険が対応する範囲を理解した上で選ばなければなりません。

まとめ

こう並べてみると、いざというときを考えるとどれも必要な保険に見えてくるかもしれません。

しかしながら個人が小~中規模の土地を駐車場として経営する場合、全ての保険に入っていたら全く利益が出ないどころか赤字になりかねません。

ですから、どのような保険が必要かどうかしっかり取捨選択をする必要があります。

また、リスクを取りたくないならば管理を仲介業者に委託する、そもそも駐車場経営サービスに土地を貸すなどして、リスクを全て移転する方法も考えてみましょう。

収益はもちろん減ってしまいますが、リスクだけでなく面倒ごとも抱え込む必要がなくなります。

\複数社にプラン無料請求/
参考
リビンマッチ 駐車場経営の口コミ・評判は?1分一括資料請求!

リビンマッチは、マンション投資や駐車場経営のプランニングからサポートまでを一括して行う企業を集めた比較サイトです。 資料請求をこのサイトからまとめてできるので、今後駐車場経営をやってみたいと考えるオー ...

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駐車場経営のいろは , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.