駐車場経営なら公務員の方でも可能?

更新日:

駐車場経営は初期投資が少なくても始められる以外にも、駐車場のタイプにもよりますが手がかからないというメリットもあります。

そのため副業にも向いており、手間をかけずに行えて収入を増やすことができる点もあって注目を集めているのです。

では、公務員の副業としても駐車場経営は可能か、また向いているでしょうか?

\期間限定プレゼント/

 

駐車場経営を検討する前にまずは職場に確認を

まずその前に、駐車場経営が許されているかどうかを確認しなければなりません。公務員は原則として副業禁止ですが、ただし、駐車場経営を始めとした土地の運用は許されていることがあります。

これは仕事によって異なりますので、必ず確認を取ってください。黙ってやっていても収益が発生する以上は職場に必ずばれます。もし懲戒免職などになれば目も当てられませんので、駐車場経営をする旨を説明し判断を仰ぎましょう。

副業なら手間がかからない選択を

手間・時間の面ではもちろん公務員の副業にも向いているのですが、全ての駐車場の形態が手間いらずというわけではありませんので注意が必要です。

例えば限られた面積の土地で収益率を高める方法として立体駐車場にする方法がありますが、立体駐車場は基本的に有人であり人を付けなければなりません。

自分以外の人を雇うなりして付けたとしても、トラブルが発生した場合は直接指示を出したり駆けつけたりしなければならないでしょう。

駐車場は収益率を上げるためには様々な設備を用いる必要がありますが、それをすればするほど手間をかける必要性も高まっていきます。

職務に支障をきたさない程度に

あくまで公務員の仕事を主とし辞めるつもりがないならば、そのような手間がかかる駐車場の形態は選んではなりません。

またいくら職場で土地の運用が認められたとしても、大規模な運用や本職に支障を来すほどの手間がかかるようになると、考えを変えられてしまう可能性もあるでしょう。

適切な駐車場の種類や経営手段を選ぶ限りは、公務員でも十分に可能ですし向いていると言えます。ただし重ね重ね、始める前には職場に確認を取ってください。

土地を貸す選択もある

既に土地を持つ場合に限りますが、手間を嫌うならば駐車場経営サービスに土地を貸してしまうのがもっとも楽です。

また、土地運用が職場で許可されているならば、仕事に支障を来すことも絶対にありませんので安全です。

収入は経営企業からの固定賃料となり額は下がるでしょうが、経営のために考える必要はなくなり、本業と合わせた税金の計算などの面倒も減りますので、副業としてはもっともおすすめする運用形態です。

\期間限定プレゼント/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駐車場経営のいろは , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.