駐車場経営の必要経費は?経費は意外と少ない?

更新日:

駐車場経営では初期投資費用こそそれなりに必要となりますが、必要経費は土地を運用する中でかなり安価な方です。

土地を所有している方は取りあえず駐車場に、と言われるのは、経費が少なく赤字が出る恐れが少ないからということが大きいのです。では、実際のところどの程度の経費がかかると見込んで運用すればいいのでしょうか?

基本は修繕費と固定資産税のみ

0c486ea3563a953e3137794604c6fc89_s

駐車場を自分で運営する場合、経費となるのは敷地の舗装を行っている場合の修繕費用と固定資産税の二つになります。駐車場開設において舗装は必須ではありませんので、舗装を行わないまま駐車場としているならば経費は固定資産税のみとなります。

つまり、最小単位での駐車場経営ではほとんど経費がかからないということになるのですね。実際にはもう少し設備投資をしている人が多いと思われ、例えばタイムパーキング用の機材をリースしているならばその代金なども入ってきますが、それらを含めても土地所有ならば赤字となることはほとんどないと考えていいのではないでしょうか。

もちろん、土地を借りて運営しているならば、それを含めて黒字運営にする必要はあります。また、舗装のための費用は意外と高額であり、必ず時間経過によって修繕が必要になるため、土地の舗装は修繕費が発生することも踏まえて決めなければなりません。

土地貸しの場合は固定資産税のみ

駐車場経営サービスに土地を貸す場合はもっと簡単で、オーナーが負担する経費は固定資産税以外に一切ありません。管理運営費も一切なしで駐車場を運営してもらえるため、土地を遊ばせておくよりも全面的に得であるといえます。

駐車場経営は簡単とはいえ管理とトラブル対応の手間はどうしても必要ですが、この方法だとそのような手間や人件費も一切かからない点が魅力で、自分で運営する場合よりも差し引きで収益が高くなることさえあります。ただしサービスによって差があることが考えられますので、実際に相談してみるのが安全です。

失敗しない税理士探しなら

紹介は完全無料!3万件以上の実績!全国2300名以上の税理士ネットワーク!面倒な税務や確定申告は税理士へ丸投げ!

まとめ

このように、駐車場経営の必要経費は少なく、特に土地を持っている人は駐車場を運営することで赤字が発生することはほとんどありませんので、駐車場を作り積極的に運用していくことを強くおすすめします。

なお、駐車場は住宅用地にかかる固定資産税の軽減措置が一切適用されませんので、住宅用地から駐車場に変えると固定資産税が高くなることで土地の維持費が高くなることはあり得ます。元が住宅用地だった場合は、そのことも踏まえた上で駐車場への転用と開設を行うようにしましょう。

\申告書類をサクッと作成/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 駐車場経営のいろは , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.